1. お問い合わせ
  2. スタッフブログ
  3. 家づくりコラム

Staff Blogスタッフブログ

2013.03.02

ミレイユ。

服飾美術学科出身です。

ですが、選択科目にフランス語がありました。

友達と。なんかかっこいいから。という理由だけで取りました。

 

オーラルコミニュケーションで、難しい文法や単語は出てこず、会話ばかりでした。

先生は、ふつうのフランス人のお母さんでした。

いつも花柄のワンピースを着て、アットホームな明るいフランスのお母さん。

ミレイユ。

ふつうのフランスのお母さんすぎて、日本語が苦手なので、フランス語の説明をフランス語でしてくれて、ほとんどわからない授業でした。

語尾に、かな?って言ったら疑問文になると思っていて、

「ミナサン、イイデスカナ?」

とか言うかわいいミレイユ。

「ミナサン!ドコカで会ったら、声カケテクダサイネ!」

と、アットホームなミレイユ。

 

 

ある日の学校帰り、友達とウロウロお買いものしてるとき、ミレイユを見つけました。

どうする?どうする?声かける?

と、友達と相談して、ドキドキしながら声をかけることにしました。

「せんせー!こんにちはー!」

先生と呼ばれたミレイユ、私たちが生徒だとわかったので、実践してきました。

「ボンジュ~~ル!!サ~~バ!!」

売り場全部に響き渡る声量で言ってくれちゃったので、みんなが振り返りました。

声かけなきゃよかった・・・。

「ボボボ、ボンジュー・・・」

と照れまくりで返事をしました。

ミレイユは、息子の旅行用バックを探しているんだけど、どれがいいかわからなくて困っている、一緒に選んでくれないか?というようなことを、2割日本語8割フランス語で言いました。

私たちでよければー!

と引き受け、3人でバック選びをはじめました。

そのうちとっても仲良くなって、ワイワイすごく楽しい時間となりました。

アナタタチのおかげで、イイモノガえらべました、アリガトー!

なことを言ってくれて、ワタシも友達も嬉しい気持ちでミレイユとわかれました。

 

 

次のフランス語の授業の時。

ミレイユのところにプリントを置きにいく用事があった友達。

少しドキドキで、でもあんなに仲良くお買いものしたんだからー!と自信をもって、またミレイユに話しかけました。

「せんせー!この前会いましたよねー!」

と。

でもミレイユ、友達の日本語の意味がわからなかったらしく、

 

 

 

「アーソウ!ヨカッタネ~~!」

 

と。

ひとごとー!!!

 

声かけなきゃよかった。と、また思ったのでした。

 

 

あれから12年。

日本語、うまくなったかな、ミレイユ。

元気かな、ミレイユ。

 

 

お電話でのお問い合わせ
0120560188
お問い合わせフォームはこちら
PAGE TOP